コーヒー・紅茶は妊娠中にできるだけ飲まない

妊娠中カフェインは控えよう!

ノンカフェインコーヒー

妊娠中に普段よく飲んでいるコーヒー・紅茶はどうなのか気になりますよね。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには神経を興奮させる作用があり、血液を通じて胎盤にも運ばれるので大量に摂るのは避けましょう。

カフェインを大量摂取すると、落ち着きがなく不眠や興奮しやすい性質をもった赤ちゃんが産まれやすいといわれています。

栄養ドリンクもカフェインが含まれているので、注意してください。また、カフェインは流産などのリスクが高くなるという事もあるようです。

妊娠中、母乳にも安心
ノンカフェインコーヒー