妊娠中に適した飲み物

妊娠中の飲み物はとても大切!

妊娠中に飲んだり食べたりした物は、いい物も悪いものも赤ちゃんの血となり肉となります。ですから妊娠中は特に食べ物、飲み物には気をつけたいところです。

アルコールは飲んじゃダメ

妊娠中はアルコール厳禁です。『ちょっとだけなら妊娠中でもお酒を飲んでいいのかな?』という気がしますが、これから生まれてくる赤ちゃんに胎児性アルコール症候群という胎児の障害をもたらすおそれがあるのです。この胎児性アルコール症候群の発生率はは1万妊娠に1人以下。ほとんどは、毎日お酒を大量に飲酒する母親から生まれてくる場合がほとんどです。

それなら、ちょっとくらいいいんでしょう?という声が聞こえてきそうですが、これは誰にも分りません。一般的には、たしなみ程度なら大丈夫とされています。どうしてもアルコールを飲みたいときには、少しくらいであれば問題はなさそうです。

言えることは、アルコールを飲まないと、胎児性アルコール症候群はの心配はなくなるということです。飲まない越したことはありません。 大人はアルコールを解毒できるのですが、赤ちゃんはその機能が未発達です。赤ちゃんと言えども個人差がありますから、アルコールへの耐性が低ければ、胎児アルコール症候群の心配もありますから、妊婦さんは極力アルコールは飲まないほうがいいです。

禁酒しなきゃいけないのは分っていても、周りで飲まれると禁酒への決心が揺らいでしまう場合もあります。妊婦さんの禁酒には同居の方にも協力してもらうのがいいです。なるべく妊婦さんの目の前でお酒を飲まないようにしてもらいましょう。できたら妊婦さんの目の届くところにアルコール類を置かないようにするといいです。妊婦さんが目にするアルコールは、料理酒とみりんくらいにしたほうがいいです。余談ですがみりんもアルコールが含まれています。料理に使うとアルコールが飛んで分らなくなりますね。上質のみりんはそまま飲むとすごく美味しいですが、飲まないほうがいいです。

妊娠中の飲み物選び

妊娠中の体調には普段と違いますから充分に注意したいです。

多くの人は水分が飲んでいる水分が足りないと言われていますが、「水を2リットル以上飲みなさい」といわれても、意識していないとそんなに飲めません。また、仕事の関係でトイレに行きにくい環境の方も多いと思います。出産ぎりぎりまで働かれる方は少しでも妊婦であるご自身と赤ちゃんのためにプラスになるものを飲んでください。

また、妊娠中は、便秘になりやすいです。普段から便秘症の人は気をつけてください。排便を薬に頼るのではなく、体を動かしたり飲み物から食物繊維を多く取るなどの工夫をしたいところです。

普段から炭酸飲料やコーヒーを飲んでいる方は、妊娠中だけでも飲み物を変えたほうがいいです。カフェインは取らないほうがいいです。また、炭酸飲料には人口甘味料が入っています。そのとりすぎも良くありません。摂り過ぎといますか、これはとらないほうがいいでしょう!妊娠・授乳中はビタミンやミネラル・食物繊維が入っている飲み物が必要です!

つわりなどで体調を崩している時は、嘔吐などで体内の水分やミネラルが失われています。また、母乳の88%は水分です。妊娠中・授乳中の水分補給は本当に大切です。

妊娠中・授乳中に最適「たんぽぽ茶」

母乳を出すコツ

水分をたくさん取る

自分の体が必要としている水分プラス2リットルほど飲む必要があります。赤ちゃんが一日に一リットル物母乳を飲むので必要としている水分が2リットルということになります。

2リットルもの水分を取るのに水ばかりそんなに飲めるものはありませんし、コーヒーなどは飲めませんから、やっぱりたんぽぽ茶の様に血行を促進するものを飲むと母乳も出やすくなるので、良いと思います。

無理して飲まなくても良いと思います。母乳が出るようになってくると、自然に喉が乾いてきます。また、母乳が出でにくくておっぱいがはってくる時は、水分をの無料を少し控えめにしてみてください。


睡眠休憩を充分に取る

お母さんの体は母乳工場です。その工場が疲れていたのでは、良い製品(母乳)を作れなくなってきます。たくさんの良質な母乳を生産するなら、しっかりと休むことが必要になってきます。

しかし、授乳期は多くのママが睡眠不足になりがちです。まとまった睡眠を取れることなんでありません。難しいですよね。母乳が少なくてお腹がすいて起こされて、睡眠不足になると悪循環になります。良い水分をたくさん取って、母乳をたくさん出して好循環で子育てを回していきたいものです。

母乳をたっぷりと飲んでもらって、ぐっすりと寝てくれるとママもやすむことができます。赤ちゃんが寝ているうちに家事を片付けてしまいたいことも山の様にあるでしょうけど、赤ちゃんの寝顔を見ているだけで幸せな気分になります。


血行を良くする

子育て中は誰かの手を借りたいくらいに忙しいですが、以外に家の中にずっといたりして運動不足になっていたりします。

泣き止んでくれないときなど、同じ姿勢でずっと抱っこをしていて、体が痛くなるなんてこともあると思います。

そこが要注意です。ママの血流が滞りがちになると、母乳のでも悪くなります。ちょっと時間が取れるときにでも、軽いストレッチ何かをすると良いと思います。赤ちゃんにつきっきりになってしまいますが、パパが休みの日などは積極的に育児に参加してもらって楽しく子育てをしていきましょう。